美容総合

2019年春夏の流行メイクは「ネオ・フェミニン」 / マットな肌やくっきりリップの“化粧感”がポイントです!

投稿日:

季節が移り変わりを感じると、ファッションやと同様に変えたくなるのがヘアメイク。

昨年2018年に資生堂が発表した春夏のトレンドメイクは「スパイシーアイ&レイヤードリップ」。目もとか口もとのどちらか一方を強調し、もう一方は抜くというメイクでしたが……。

2019年の春夏トレンドメイクとして資生堂が挙げているのは、「ネオ・フェミニン」。全体的に “化粧感” がアップした、少し前の “モテる顔” とは異なる、「新しいフェミニンな顔」を提案しているんです。

【「ネオ・フェミニン」なメイクってどんなの?】

「ネオ・フェミニン」メイクの大まかなポイントは、

・隙の無い、カバー感のあるマットな肌
・すっきりとした眉と繊細なアイライン
・ハッキリ輪郭をとった口もと

の3つ。

透明感のある下地とやや明るめのファンデーションで肌全体のトーンをアップし、気になる部分はコンシーラーでしっかりカバー。

丁寧に仕上げたマットな質感の肌には、軽くてなじみやすいブラウンやオレンジのチークがよいそう。

アイシャドウの色もオレンジがおススメのようで、上下のまぶたに幅広くのせしっかりめに色を出すほか、大きめのグリッターやパールの質感のアイシャドウを選ぶと、肌とのコントラストがついて “今っぽく” 仕上がるといいます。

アイラインはごく細く、まつ毛の際に繊細に引きましょう。

一方のリップは、唇の輪郭をはっきり取って、しっかり色を乗せることが大切。こうして洗練された「ネオ・フェミニン」メイクができあがるというわけなんです。

【ヘアスタイルは「鎖骨くらいのセミロング」】

ヘアスタイル人気は、16年ぶりにセミロングが1位を獲得。おススメは、今っぽい「外ハネ」ができる鎖骨くらいの長さだそうで、髪を耳にかけ顔周りをすっきりと見せる傾向があるとのこと。

ヘアアイロンを使って内巻きと外巻きをミックスさせて、ランダムな動きが出るように仕上げると、より「ネオ・フェミニン」に近づくようです。

【カラーで遊ぶなら「輝き×寒色系」】

カラーメイクを楽しむならば、質感にこだわって、輝きのあるアイテムをセレクト。

目もとはブルーやグリーンなどの寒色系を選び、透け感が出るよう、アイシャドウを軽めに乗せるのがポイントです。

リップにはパールやツヤのあるピンクを選んで、輪郭をきちんと取り、色をしっかりと乗せてからグロスなどを重ねると、旬の春顔になるといいます。

【自分にとっての「ベストバランス」を見つけよう】

甘すぎず辛すぎず、大人っぽく洗練された印象のある「ネオ・フェミニン」メイク。

強弱のバランスが肝だと思うので、春本番を迎える前に、今のうちから練習しておくといいかもしれません。

参照元:資生堂
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Source: Pouch
2019年春夏の流行メイクは「ネオ・フェミニン」 / マットな肌やくっきりリップの“化粧感”がポイントです!

-美容総合

Copyright© W beaute , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.