美容総合

同じメイクアイテムを使ってるのにぜんぜん印象が違う! 資生堂の「3つの旅行メイク」が超参考になるよ

投稿日:

服装だけでなく、メイクもTPOに応じて変えたい

もしもあなたがそんなふうに思っているのであれば、資生堂が提案してくれている「同じアイテムで楽しむ3つの旅行メイク」が役に立つかもしれません。

今年2019年のGWは10連休。長期旅行に出かけるという人も少なくないということで、 “必要最小限のアイテムで印象の異なる表情を作る” メイク術を公開。

旅行ではなるべく荷物を少なくしたいものですが、行き先によって気分を変えたいという気持ちもあるので、これはありがたいわ~!

【基本アイテムは?】

3つの旅行メイクを教えてくれるのは、資生堂ヘアメイクアップアーティストの向井志臣さん。

使用するメイクアイテムは、

・パウダータイプのアイブロウ
・ベージュ系のアイシャドウ
・ブラウンのアイライナー
・マスカラ
・チーク(ピンク系とオレンジ系の2色入り)
・ミニサイズのリップ2品(レッドとオレンジ)

です。

その1. 観光や買い物などアクティブに動きたいときの「軽やかなフレッシュメイク」

フレッシュメイクのポイントは「引き算」。こちらはチークと口紅を主役にして、目もとは控えめにしたメイクです。

アイシャドウはを上まぶた全体にぼかして光沢感を演出、マスカラは上下まつ毛にたっぷりとつけて、アイラインを使わないことで抜け感が出るそう。チークとリップは、ヘルシーなオレンジがおススメ!

ポイントメイクの主役を決めたら、それ以外は徹底的にメイク感を抑えると、透明感あるカジュアルな仕上がりになるといいます。

その2. 博物館や美術館を巡りたいときの「知的な大人フェミニンメイク」

知的なメイクのポイントは「目尻にボリューム」&「口元華やか」。くすんだレッドリップを使用すると、大人フェミニンな雰囲気に仕上がるそう。

目尻側にボリュームを出すとスタイリッシュになるので、まずはベージュをまぶた全体にのせて、ブラウンをアイホールの半分を目安にぼかします。目尻側が少し太くなるよう、目尻より1cm程度先まで広げましょう。

下まぶたの目尻側にもダークカラーをぼかすことを忘れずに!

アイラインも目尻側が少しだけ太くなるように意識。リップ以外はクールな印象になるので、口元でフェミニンを演出します。

その3. ゴージャスなレストランでのディナーに行くときの「華やかなエレガントメイク」

エレガントメイクのポイントは、「太眉」&「ワントーンメイク」。太眉で意志の強さを、ワントーンメイクでモードかつ大人っぽい印象を演出します。

眉はアイブローパウダーで直線的に描き、眉頭をぼかしながらいつもより少し強めに仕上げましょう。目もとは上下まぶたにダークブラウンをぼかして、ブラウンのアイラインをまつ毛の間を埋めるように入れたら、最後に上下にたっぷりとマスカラを重ねてください。

アイメイクがポイントになるので、リップは主張しすぎないカラーがベスト。くすんだレッドとオレンジを2色使いすると、色っぽいのに爽やかさもある魅力的な口もとになるそうですよ。

【今すぐチャレンジしてみよう☆】

メイクアイテムおよびメイクの手順の詳細に関しては、資生堂ウェブサイトをチェック。旅行先でなくとも今すぐ役立ちそうなアイディアが満載ですので、さっそくトライしてみてはいかがでしょうか。

参照元:資生堂
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Source: Pouch
同じメイクアイテムを使ってるのにぜんぜん印象が違う! 資生堂の「3つの旅行メイク」が超参考になるよ

-美容総合

Copyright© W beaute , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.