美容総合

大塚製薬が「飲酒量を減らす」薬の製造販売承認を取得 / 「断酒ではなく減酒。画期的」といった声も

投稿日:

img_1817 2

年末年始は、なにかとお酒を飲む機会が多くなる時期。ついつい、いつもよりお酒を飲みすぎてしまったという人も、少なくないのではないでしょうか。

年が明けて多くの人が仕事をスタートさせたであろう、2019年1月8日。大塚製薬が “飲酒量を減らす薬” 「セリンクロ錠10mg」の製造販売承認を取得したと発表し、注目を集めていたようなんです。

【神経に作用して、過度な飲酒を抑える】

「セリンクロ錠10mg」は、アルコール依存症患者の飲酒量を低減するために作られた治療薬。

2013年からH.ルンドベックA/S社(以下、ルンドベック社)によって欧州で販売されており、日本では大塚製薬とルンドベック社によって共同開発が進められてきたとのこと。

飲酒量を低減させる治療薬の承認は国内では初めてで、これまで断酒が中心だった治療の新たな選択肢として期待されている模様。

飲酒の1~2時間前に服用すると、飲酒の欲求が満たされたときに活性化する神経に作用。過度な飲酒を抑える仕組みとなっていて、飲酒量を減らす過程を補助することで、患者のストレスを和らげながら減酒や断酒を後押ししてくれるそうです。

【ネットでも話題に】

新薬の存在が気になっている人は少なくないようで、ツイッターで検索してみると

「アルコール依存で苦しんでる方はたくさんいると思う。素晴らしい治療薬だと思う」
「断酒ではなく減酒。画期的」
「酒を飲むと気持ち悪くなったり苦い味がするようにするの?」
「この新しいアルコール依存治療薬は脳に影響を与えないのか?」

といった具合に、みなさん興味津々な様子。またご紹介したコメントの中にもあるように、「飲んだら実際どうなるのか」「副作用はあるのか」といった点を気にする声も見受けられました。

【入手方法など詳細は未発表】

大塚製薬のホームページを見るかぎりでは、現時点での入手方法や値段などの詳細は未だ不明なよう。今後の続報を期待したいものですね。

「セリンクロ錠10mg」は、お酒を止めたい、控えたいという人にとって、待望の薬であることは間違いないでしょう。新薬の登場によって1人でも多くの人が救われることを願うばかりです。

参照元:大塚製薬、Twitter検索 大塚製薬 飲酒大塚製薬 酒 薬
画像:Pouch
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Source: Pouch
大塚製薬が「飲酒量を減らす」薬の製造販売承認を取得 / 「断酒ではなく減酒。画期的」といった声も

-美容総合

Copyright© W beaute , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.