ボディケア

ベッドの上で寝る前3分!気になる下腹の引き締め&くびれを目指すポーズ

投稿日:

冬の間についてしまった脂肪。ヨガインストラクターのyuukaさんによると、冬の寒さで縮こまった身体は、姿勢が悪く見えるそう。また、背中を丸めて生活していると、背中周りやおなか周りに余分な脂肪がつきやすくなったり、太り癖がつきやすくなったりする可能性があるのだとか。

そこで今回は、yuukaさんに気になる“下腹”の引き締めと”くびれ”を目指すポーズを教えてもらいました。寝る前に簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

背骨縮ませていませんか?

おなか周りの筋力を効果的に使えるように、縮んだ姿勢をおなかからしっかり伸ばして生活してみましょう。それだけでも腹筋を使って歩いたり、立ったりできることに気がつきます。とはいえ、姿勢の悪さが癖付いている人にはおなかを伸ばす意識だけでもかなり疲れます。まずは、おなか周りを縮めないよう、キープできる体をつくることが先決。

夜寝る前にベッドの上で簡単にできる方法をここで覚え、早速今晩からチャレンジしてみて!

 

くびれを手に入れる!? 3分ストレッチ

(1)両脚を右側に崩して床に座ります。

(2)両腕を上げて、両ひじをつかみます。

(3)息を吸います。息を吐きながら上体を右へ倒していきましょう。右の下腹から、ウエスト辺りまでの伸びを感じましょう。

(4)おなかに力を入れてポーズを支えます。

(5)5呼吸キープします。

(6)上体を戻します。同じ動作を3回繰り返します。

(7)反対側も同様に行います。

 

疲れた日のストレッチにも

1日忙しく動き回って、疲れを感じたときにもおすすめです。上体を倒すときに両ひじをつかまず、腕を伸ばしてみましょう。体側全体を気持ち良く伸ばす意識で、ひじまでしっかりと伸ばします。

 

縮こまった身体をしっかり伸ばしながら、おなかの奥の筋力も使えるこのポーズ。

春本番に合わせてキュッとくびれたお腹を目指して!

Source: GATTA
ベッドの上で寝る前3分!気になる下腹の引き締め&くびれを目指すポーズ

-ボディケア

Copyright© W beaute , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.