ボディケア

ドライヤーを持つ位置が大事!? 二の腕すっきりを目指す「ながらエクサ」

投稿日:

だんだん暖かくなり、肌見せする機会が増える季節。半袖を着始めると、一番に気になるのが“二の腕”。

そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんが、自身が実際に毎日髪を乾かすときに必ず行っている“二の腕のながらエクササイズ”をご紹介します。わざわざエクササイズの時間が取れない!という忙しい方でも、“ながらエクササイズ”であれば、ハードルが低く、試しやすいはず。

持つ手のどこを意識するかで変わる?

ドライヤーを掴む手を、意識したことはありますか? 恐らく意識したことのある人は少ないはず。

けれど、yuukaさんによると掴み方を意識するだけで、肩甲骨から二の腕の筋肉を刺激しやすくなるそう。二の腕や背中側を引き締めたいときは、小指、薬指、中指を意識して使うのがポイントなんだとか。

ドライヤーを持つ時の指を意識する

(1)ドライヤーを掴むときは、小指、薬指、中指を意識します。

(2)この3本の指に力を入れて握りましょう。

(3)握ったときに、肩甲骨や二の腕に軽く力が入るのを感じましょう。

肩より下に腕を下げないよう意識する

肩甲骨に軽く力が入った状態で、腕は肩より下に下げないようにしましょう。

小指、薬指、中指に力を意識し続けて。

ひじはできるだけ下に向け、脇を閉じることによって、より二の腕に刺激が入ります。

可能であれば、両脚をドライヤーの持っていない方へ崩して座りましょう。こうすることでお腹や体幹に刺激が入り、引き締めを期待できます! ドライヤーを持っている手を変えるときに、脚も逆側へ崩しましょう。

 

ちょっとした意識の差ですが、ドライヤーをかけている約10分程度の時間でかなり腕の筋力を使うことができます。ぜひ試してみてくださいね。

Source: GATTA
ドライヤーを持つ位置が大事!? 二の腕すっきりを目指す「ながらエクサ」

-ボディケア

Copyright© W beaute , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.